Epidermoid cyst

粉瘤

一見、脂肪の塊のようですが、表皮が袋のようになってそこへ皮脂や角質が溜まり、皮膚がふくらむ疾患です。
体表のどの部位にも形成されることがあり、多発するケースも見られます。ただ傾向としては、背中・首・顔面に生じることが多いようです。大きなものでは、10センチ程度にまで達します。
粉瘤は、アテローム、表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)と呼ばれることもあります。
特徴
  • 押したり刺激を与えたときに、嫌なにおいのする皮脂の塊が出てくることがある。

  • 黒、青っぽく変色することがある。

  • 異常な速度で大きくなることがある。

  • ニキビのように、放置していて治ることがない。

  • 潰すと炎症や感染の原因となり、余計に大きくなる。

  • 細菌が皮膚の内側に侵入した場合には、痛み・腫れが生じることがある。(炎症性粉瘤)

  • 中心に黒点状の開口部がある

■住所
 〒520-0242 滋賀県大津市本堅田6丁目20-25
■診療時間
 9:00~12:00 16:00~19:00
※手術 13:00~16:00
休診日:日曜、祝日
  • Instagram
親権者同意書