粉瘤(アテローム)とは

皮膚の下に袋状の構造物が生成され、袋の中に本来は皮膚から剥がれ落ちるべき角質(垢)や皮脂がたまってしまうことでできた腫瘍の総称です。たまった角質(垢)や皮脂はどんどんたまっていき、時間とともに少しずつ大きくなっていきます。身体のどこにでもできますが、顔、首、背中などにできやすい傾向があります。

症状

皮膚が盛り上がったしこりとして現れる事が多く、基本的には自然治癒はあまりありません。放っておくと徐々に大きくなっていくこともあります。ふくらんだしこりの中央の開口部が黒い点としてみえることがあり、開口部が破れた場合、不快な臭いのする角質が排出されることがあります。
通常痛みなどの症状はありませんが、炎症を起こすと腫れや痛み、膿が出たりすることがあります。

治療

炎症を起こしていない場合は当日切除が可能です。局所麻酔をし、袋と内容物を取り出します。
小さな粉瘤の場合は、くりぬき法と言って皮膚に小さい穴をあけ袋と内容物をかきだし縫合します。
大きくなってしまったものは切開し、袋を取り出し後、縫合することになります。
炎症を起こしている場合、抗生剤を服用し沈静化を図ります。除去を希望される場合は炎症が収まり小さくなってから切除を行います。化膿がひどい場合は、皮膚を切開して内部にたまった膿を出す排膿手術(切開排膿)を行います。
HPタイトル2.jpg