ほくろ除去

mole removal

ほくろについて

医学的には色素性母斑と呼ばれ、良性の母斑細胞(ほくろ細胞)の集まりです。メラニンを有するため、褐色~茶色~黒色を呈します。生まれつきあるものと成長途中で現われてくるものがあり、また、平坦な色素斑(しみ)や皮膚表面から隆起したものなど、いろいろあります。
 大きさは通常直径5mm以下の場合がほとんどで、それ以上の大きさで徐々に大きくなってくるものは、悪性黒色腫(メラノーマ)の可能性も考えられます。

 

除去について

・基本的に自費診療となりますが、悪性との鑑別が必要な場合や、機能的な問題を伴う場合は保険診療となります。小さなものについては、くり抜きや焼灼などの方法で治療します。
・保険診療では、初診料/ダーモスコピー/手技料/病理検査代/処方料などがかかります。単純縫縮が可能なサイズが数個までなら、3割負担の方でおよそ6千〜9千円程度の窓口負担になります。
・一つひとつが大きなものについては、治療法が変わりますので、担当医にご相談ください。
ほくろ(保険).jpeg
HPタイトル2.jpg